日本に住むベトナム人が大きく増えた今日、ベトナム人の知り合いがいる、職場でベトナム人と一緒に働いているという方も多いのではないでしょうか?

ただベトナムの国民性についてよくわからないという人も多いと思います。今回は日本人の視点ではなく、ベトナム人から見た日本人とベトナム人の性格の違いについて書いていきたいと思います。

仕事の文化

日本人は仕事はもちろん、日常のことでも具体的に計画を立て、その計画の通りに進めます。

子供の頃の学校の教育と家族でのしつけは、彼らが非常に倫理的で規律のある人間になるのを助けてきました。職場で日本人は常に組織的なルールに従います。例えば工場ではシステムに従うことで製造エラーの発生率が抑えらます。

一方でベトナム人は日本人ほど細かな点まで確認して対応しないので、変更に対する対応が速いです。代わりにベトナム人は少し横着な部分もあるので、締め切りが迫らないと仕事を始めない傾向にあります。

例えば2週間以内に完了する必要がある仕事の場合、日本人は最初の1週間で作業を完了し、翌週にはチェックや仕上げを行います。

一方、ベトナム人は最初の週に仕事を終えないでしょう。しかし彼らは最後の週に最善を尽くします。問題が発生した場合でも、彼らは仕事を終わらせるために遅くまで仕事をする準備ができています。     

仕事の納期

人間関係

日本人は他人によく遠慮・気配りをし、「No」と直接言わないです。その代わり別の言い回しをして、それを相手にわかってもらいたいのです。

感情や考えを表にあまり出さずになるべく抑えます。そのため相手がどんな感情か、どういう考えかは見えづらいです。

例えば「映画見に行かない?」と誘われた時に、無理な場合もまずは「行きたい」という気持ちを先に伝えて、それから行けない理由を言います。もしくは「ちょっと。。。」のようなハッキリしない返答をする人もいます。

それに対してベトナム人は断るときはしっかり理由を言って、率直に「行けない」と言います。ベトナム人は「No」と言うことにそこまで躊躇しません。

欧米人ほどストレートではないけれど、日本人ほどシャイではないものです。「ちょっと今日は…」と濁すような曖昧な表現はベトナム人には伝わらないので、通常の感覚よりも少しはっきりと伝えたほうがいいです。

例えば食事に誘われて食べたいものを聞かれた場合、「なんでもいい」ではなく、何か希望を伝える方が良いです。

ベトナム人も無理にその期待に応えようとするわけではないので、そこまで気を遣い過ぎずに自分の意思表現をしたほうが結果上手くいきます。

ベトナムではフランクに話したいことを伝えるのは相手に対して誠実ということなのです。

日本のビジネスマナー
日本の会議

時間の規則

日本人は時間に対してとても厳しいです。これは、ほとんどの外国人が日本人と交流するときに言う意見です。

これは列車の時刻表と実際に駅に到着する時刻や、人々がアポイントメントの5分前には必ず目的地に到着するようにしていることを見るとわかります。

その習慣はすべての個人に根付いており、教育を受けてルールとなり、基本的な意識となりました。

日本人は常に他人の邪魔をしないようにしています。従って約束に遅れることは失礼と他人への害の行為と見なされます。時間厳守はどのような状況でも守られるべきことです。

そのため、日本では会社やアポイントに間に合うように走っているサラリーマンや、通りを横切って急いでいる人をよく見かけることができます。   

時間厳守

一方、時間を守ることはベトナム人がまだそれほど大事にしていないものです。数分の遅れは当たり前です。

会社の時間はしっかり守ろうとしますが、友人との待ち合わせ時間に10分位遅れることは一般的であり、人々にもそれが根付いているため、多くの人が不満を言うことはありません。

個人主義と集団主義

日本では目立つことはいいことだと限りません。知識共有、助け合い、共に発展する人を評価して優れた一人のみを評価しないのが日本の社会です。

日常生活の中で、日本人は常に自主性を持って動きますが、職場では彼らは常に集団ルールに沿って働いています。彼らは常にチームのために最善を尽くすため自分のエゴを抑えます。

状況がどうであれ集団精神は常に守られます。これは日本人が子供のころから習う習慣です。習慣からそれは日本人の伝統美になりました。それは今では全世界に知られ、日本人の美しさとして賞賛されています。

チームワーク(集団)

ベトナムでは個人主義が強いことで様々な場面に影響が出ます。自分の得意分野は自分だけのものとします。もし知識共有をして、その人が自分よりできたら自分のポジションを脅かす存在になるからです。

ベトナム人のチームワーク精神はかなり貧弱です。これは個人の能力や個性を表現することが評価に繋がるからです。

時々、ベトナム人はグループのメンバーを気にするよりも、自分(個人)の権利や利益を主張します。

男女平等

男女平等

日本社会では女性が働く場合、男性と同じように高いポジションを与えられているとは言えません。ここ数年、女性の管理職も増えて来ましたが、まだ少ないのが実情です。

ベトナムの政府機関では管理職や地位の高いポジションの女性が多いです。同時に男性は奥さんの家庭の仕事を手伝うことが一般的です。女性は仕事しながら家庭の面倒も見ています。

まとめ

如何でしたでしょうか?

他国の人と接する際にその国の文化や国民性を事前に知っておくとコミュニケーションがよりスムーズになり、相手の行動の背景も理解できるようになります。

日本に住んでいるベトナム人も多いですが、ベトナムに進出している日本企業も多いので、ベトナム人と接する機会のある方は、今回の記事を一つの参考にして下さい。

(本記事はベトナム人スタッフが書いた日本語文章を日本人スタッフがわかりやすく編集したものです。)


ベトナムのweb制作・デザイン・BPOのオフショア開発はエボラブルアジア SBC
ベトナムのホーチミン、ハノイ、ダナンに拠点のある日系最大手のオフショア開発会社のエボラブルアジアグループであるエボラブルアジアソリューションビジネスコンサルタンシー(SBC)はベトナムでWebサイト制作・BPO・SNSマーケティングのサービスを行っているオフショア会社です。

HTMLコーディング・WordPressを使った開発リソースにお困りの方、入力業務や画像レタッチ業務などの単純な業務のリソースにお困りの方は是非、弊社のサービスをご検討ください。

安価で最高品質のオフィス環境と優秀なベトナム人従業員をご提供いたします。

オフショアラボ開発サービス、BPOソリューションに関するご質問やお見積りなどお気軽にお問い合わせ下さい。


【会社名】Evolable Asia Solution & Business consultancy Co.,Ltd.

(エボラブルアジアソリューションビジネスコンサルタンシー)略称:エボラブルアジア SBC

【アドレス】2F Saigon Finance Center, 9 Dinh Tien Hoang Street, District 1, HCM

【詳しいサービスはこちら】
https://sbc.evolable.asia/ja/our-services/

【弊社の実績はこちら】
https://sbc.evolable.asia/ja/works/

【お問い合わせはこちら】
https://sbc.evolable.asia/ja/contact/

ベトナムのカラオケ

ベトナムのカラオケとは?料金・サービスを紹介

ベトナムと日本のコロナウイルス対策の違いは?

ベトナムと日本のコロナウイルス対策の違いは?

ベトナムの調味料について