ベトナムのオフショア開発・SBC 2020年テト(旧正月)とは?

日本のお正月はもう終わりましたが、ベトナムのお正月はもう少し先です。
ベトナムの人はこの時期、お正月を迎える準備でそわそわしています。

日本とは時期が違うベトナムの正月ですが、皆さんはテト(旧正月)について詳しくご存知でしょうか?今回は気になるベトナムのお正月について説明したいと思います。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

1. テト(旧正月)とは?

実はアジアの国の中で日本のように新暦(太陽暦)の1月1日に新年を祝う国は少数です。

旧暦(太陰太陽暦)の正月を祝う国はベトナムの他に韓国、中国、北朝鮮、モンゴル、インドネシア、マレーシア、シンガポール、ブルネイなどがあります。

旧正月の日付は毎年変わることが特徴で、これは旧暦が月の満ち欠けのサイクル(約29.5日)に基づいて1カ月が定められているからです。

2. 2020年ベトナムのテトについて

では具体的に2020年はいつからいつまでがテト休みとなるのでしょうか?

まず公的機関・組織ですが2020年1月23日(木)から1月29日(水)までの7日間が休みとなります。その他の一般企業などはそれぞれで休業が設定されます。

ベトナムでは労働法でテト休暇を5連休と定めていますが、2020年は規定の休暇が土日と重なるため、振替休日を合わせて7連休となります。2019年は土日を挟んでの5日間だったので合計9連休でした。2020年のテト休暇は2019年よりも2日短くなります。

もう少し詳しく説明すると、テト休みの中で
1月24日(金)が「ベトナムの新年大晦日」
1月25日(土)が「ベトナムの新年元旦」
にあたります。

3. 2020年ベトナムの祝日について

ベトナムの祝日は年間10日しかありません。そのうちのおよそ半分はテトとなります。

参考ですが2020年のベトナムの祝日は以下となります。テトが終わると次の年までの祝日は僅か4日しかありません。ちなみに日本の2020年の祝日数は16日です。

【2020年ベトナムの祝日】

日付 祝日名
1月1日(水) 新年
1月23日(木)~1月29日(水) 旧正月(テト)
4月2日(木) フン王の命日
4月30日(木) 南部解放記念日
5月1日(金) メーデー
9月2日(水) 建国記念日

4. ベトナムのテトでは何をするの?どんな意味があるの?

 4-1.テトの始めの3日間はそれぞれが別の意味を持つ

1日目はお父さんへテト、2日目はお母さんへのテト、3日目は恩師へのテト

● 1日目はお父さんの親族の家を訪れる習慣があります。その日、お爺さん・お婆さんに孫たちと長く生きていられるようにと祈ります。
● 2日目には同じ様にお母さんの親族の家を訪れる習慣があります。
● 3日目は先生のお宅を訪れて、先生へ「ご健勝に」と祈ります。
 

 4-2.テトは帰省の時期であり、家族が集まる時期

ベトナムのオフショア開発・SBC 2020年ベトナムの祝日について
ベトナムではテト期間に実家に帰って過ごすのが一般的です。最近日本ではお正月は実家に帰らず過ごす人も増えて来ましたが、ベトナムではほとんどの人が実家に帰ります。
その為、ハノイやホーチミンの大都市では多くの人がいなくなり、お店も多く閉まります。普段は賑やかな町もこの時だけはとても静かです。
 

 4-3.ミカンの木、梅の木、桃の木を家に飾る

ミカンの木、梅の木、桃の木はテトの象徴的な木であり、それらを家に飾るのが一般的です。

魔除けとして家を守る桃の花(ベトナムの北部)、そして梅の花(ベトナムの南部)が飾られます。その他に子孫繁栄を願い、多産の象徴である鈴なりの金柑の木も飾られます。金柑の黄色がお金に似ているのももう一つの理由です。
ベトナムのオフショア開発・SBC テト期間の過ごし方

 4-4.ソン・ダトの習慣

ベトナムでは、その年最初の訪問者が幸運をもたらすとされており、家族の1年の運を決めると信じられています。

新年になった後、家族でない人々が他の家を訪れて、その家の主人に新年のお祝いの言葉を言います。これを「ソン・ダト」と呼びます。ソンは入り込むという意味、ダトは土という意味があります。

ソン・ダトする人がその家族に一年間たくさんの幸せを与えると言われています。従って、ソン・ダトすることはとても大切です。
 

 4-5.ベトナムのお年玉

ベトナムでも日本と同じようにお年玉をあげる習慣があります。ベトナムでは「リシ」と呼ばれ、赤い封筒にお金を入れてお年寄りと子供に贈ります。

金額は親密さのレベルに応じて約5万~20万ドン(約250円~1000円)を渡すのが一般的です。
(地域や人間関係によって金額に差があります)
ベトナムのオフショア開発・SBC 新年のお祝いの言葉「ソン・ダト」

 4-6.年明けにお寺に参拝

毎年お正月の元旦にお寺へお参りする人々は老若男女を問わず大勢います。ベトナムの人々は新年に仏様や神様やご先祖様がすべての人に平安と幸福を与えると信じています。

日本とは参拝方法も異なります。両手を合わせて上下に振ったり、地に跪いて頭を垂れたりと、一風変わった光景を目の当たりにすることができます。
ベトナムのオフショア開発・SBC ベトナムのお年玉「リシ」

5. テトシーズンは飛行機やバスのチケットの価格が高騰

前述したようにテトにほとんどの人が帰省するので、この時期は航空券やバスの値段が跳ね上がります。日本でもお正月やお盆の時期は飛行機のチケットの値段が上がりますが、ベトナムの値上がりはそれ以上です。

参考ですがホーチミンからベトナム中部のダナンまでは、安価な時期だと往復5,000円ほどで航空券の購入ができますが、テトのシーズンだと往復で約20,000円になります。

ホーチミン~ハノイ間ですと、通常往復6,000円弱で飛行機のチケットが買えますが、テトの期間は30,000円ほどに高騰します。

チケットが売り切れないうちに多くの人は早めに飛行機やバスの予約をします。この日程でベトナムを旅行する外国人はこれらの注意が必要です。

6. まとめ

皆さん、ベトナムのテトの習慣についてご理解頂けましたでしょうか?説明したようにベトナム人にとってテト(旧正月)はとても重要なイベントです。

今回の記事によって皆さんにベトナムの伝統的なテトの文化が理解できますように。
それでは少し早いですが、 明けましておめでとうございます。


ベトナムのweb制作・デザイン・BPOのオフショア開発はエボラブルアジア SBC
ベトナムのホーチミン、ハノイ、ダナンに拠点のある日系最大手のオフショア開発会社のエボラブルアジアグループであるエボラブルアジアソリューションビジネスコンサルタンシー(SBC)はベトナムでWebサイト制作・BPO・SNSマーケティングのサービスを行っているオフショア会社です。

HTMLコーディング・WordPressを使った開発リソースにお困りの方、入力業務や画像レタッチ業務などの単純な業務のリソースにお困りの方は是非、弊社のサービスをご検討ください。

安価で最高品質のオフィス環境と優秀なベトナム人従業員をご提供いたします。

オフショアラボ開発サービス、BPOソリューションに関するご質問やお見積りなどお気軽にお問い合わせ下さい。


【会社名】Evolable Asia Solution & Business consultancy Co.,Ltd.

(エボラブルアジアソリューションビジネスコンサルタンシー)略称:エボラブルアジア SBC

【アドレス】2F Saigon Finance Center, 9 Dinh Tien Hoang Street, District 1, HCM

【詳しいサービスはこちら】
https://sbc.evolable.asia/ja/our-services/

【弊社の実績はこちら】
https://sbc.evolable.asia/ja/works/

【お問い合わせはこちら】
https://sbc.evolable.asia/ja/contact/

ベトナムと周辺諸国の入国規制

ベトナムと周辺諸国の入国規制とベトナム国内の現状(2020年3月19日現在)

ベトナムのオフショア開発・SBC コスト削減だけではなかった!

最新!ベトナムオフショアについて

ベトナムのオフショア開発・SBC 海外BPO・アウトソーシングの基礎

依頼前に知っておきたい海外BPOの基礎